広島の新築注文住宅業者はデザインの他に素材や機能性にもこだわる

三角屋根の家

理想の家づくりには建築士と話せる新築注文住宅が一番

グレーとホワイトカラーの家

建築には、建ぺい率や容積率といった法律上の制限があり、全ての新築注文住宅や建売住宅などのマイホームはその法律に準拠して建築されています。そのため、土地は広いのに建物は小さかったり、理想の3階建てにしようと思っていたができない地域などが広島も例外なくあります。

このような状況において、広島に新築注文住宅を建てるメリットは、法律上の制約を解決してくれるアイデアを出してくれるハウスメーカーの営業や建築士が味方として相談に乗ってくれることです。例えば、みなさんは広い空間の家を目指す時に法律上の床面積に制限があることをご存知でしょうか?ちょっと腰をかけれる出窓を作ろうとした場合、出窓部分も床面積に含まれたり、階段部分も床面積に含まれていくことを知らない方がほとんどだと思います。逆に、ロフトは床面積に含まれないなど、理想の家づくりには知識が必須です。そういった観点において、客の理想に近づけるべく建築士は様々なアイデアを出してくれて心強い味方になってくれます。少し大げさな表現かもしれませんが、建売住宅は法律上の制約のある妥協物件と言えます。逆に、新築注文住宅は法律上の制約を考慮した上で100%妥協がない物件作りができます。

もし、あなたが広島に理想の住宅を建てたいと思うなら、ぜひ新築注文住宅で家を建てることをオススメします。

Choices Article

Update Post